« 2007年2月 | トップページ | 2007年4月 »

2007年3月

2007年3月31日 (土)

スカパー!スターデジオ音量について2

前回の続きです。

スターデジオを録音してWANIやAudioEncorderなどでノーマライズ(正規化)しても音が小さく感じることがあります。

古いニューミュージック曲や歌謡曲でそう感じます。

原因は波形特性にあります。

まず正規化は実際何をしているかというと音の最大値をある値に合わせる、という作業を行っています。

波形そのものは変わりません

Photo_5

昔の曲は波形の幅そのものが広く、最大音量値を上げても全体として音が大きな広さで広がっています。

最近の曲は全体に音が大きく、分布図で言えば上に音が固まっている感じです。

よって昔の曲は「体感的」に音が小さく感じるというわけです。

これを解決するにはマキシマイズという作業を行います。

全体の音の分布を上の方へ持って行く作業です。

Photo_6

これを行うことにより体感的な音の大きさのずれをなおします。

マキシマイズを行うのに私は「サウンドエンジン」を利用しています。


 

作業方法については次回

注意

マキシマイズを行うと元の楽曲から波形が変わるため、印象が変わって聞こえる場合があります。

またオリジナルではないということを念頭に置いて保存しておく必要があります。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2007年3月26日 (月)

スターデジオ、録音音量について

スカパー!スターデジオを録音したときの音量について

スターデジオをSRECでそのまま録音すると非常に音量が小さくなっています。
これは送り手(スターデジオ)側が意図的に音量を小さくしているためです。

スターデジオFAQより抜粋

「Q15.         
音量について。

A15.         
スターデジオは、SKY PerfecTV!準拠 0VU=-20dBにて放送しております。これ以上で放送しますと、楽曲によっては、ピークレベルの部分がカットされる恐れがあります。 」


というわけで録音した素材の音量を大きくします。

録音時にSRECで正規化の作業が出来ますが、CPU能力が低かったり、HDDの空きが少なかったり断片化していたりすると書き込み遅延や録音ファイルにノイズが乗ったり、一瞬音が途切れたりするので後でまとめて行った方が良いと経験上感じます。

正規化(ノーマライズ)

WAVファイルのまま保存しておく場合はWANIを利用します。

MP3にして保存する場合はAudioEncorderを利用してMP3ファイルに直すときに正規化を行います。

Ws000081_1










但しこの方法では正規化した楽曲なのに音量が小さく感じる場合があります。
特に昔の歌謡曲、ニューミュージックなどでそう感じる場合が多いです。
そのあたりはまた次回

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2007年3月20日 (火)

スカパー!、スターデジオ(Star digio)を録音する

スカパー!、スターデジオ(Star digio)を録音

必要なこと

スカパー!との契約
スターデジオとの契約

必要な資材

外部入力が出来るPC
できれば光出力のあるスカパー!チューナー
できれば光入力端子のあるサウンドボードやサウンドユニット
接続ケーブル(光用)

注)資材としてはここから先、光端子があるものを使っているという前提で書き進めます。

録音使用ソフト

SREC

当方使用機器
自作PC
東芝スカパー!チューナーCT90036(アンテナ、チューナ間CSブースターあり)
クリエイティブメディア製USBサウンドユニット Sound Blaster Digital Music PX 

070320










Dscn1365













接続したら
SRECを起動。
設定についてはSRECの項を参照

録音のコツ

録音レベルが非常に小さいのでそのあたりは次回書こうと思います。
録音するファイルが置かれるHDDはシステムHDDと別のものが安心です。何故ならばHDDへの書き込み遅延がおきにくいので。
録音時、44.1KHZへの変換やMP3への変換、正規化も出来ますが安全のため録音されたWAVファイルを加工した方がいいです。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2007年3月13日 (火)

S REC をつかって外部音源(スカパー!スターデジオなど)録音

SRECというソフトを利用して外部音源から録音する

windowsにはサウンドレコーダーという使えないソフトが入っています。これを使って外部音源から録音することは出来ますがいかんせん使い勝手が悪すぎます。

SREC というソフトを使うと簡単にやりたいことが出来ます。

   
リンク先でver7.01h zip ファイルをダウンロード、展開、「srec70h1.exe」を実行

Ws000079

 

こんな感じになります。

外部から録音するためには

windowsの「ボリュームコントロール」

「オプション」

「プロパティ」

WS000082.JPG

「録音」

WS000079.JPG

外部から接続している端子にチェックを入れる

WS000083.JPG

  ここまで行えば後は録音するだけ。

  waveファイルの保存先を決めて録音ボタンを押すだけ

Photo_3

   








SRECには無音部分を感知して分割しながら録音するという優れた機能があります。

Photo_4

閾値を設定してあげればいいのですが、実際どれくらいにしたらいいかは使用しているサウンドデバイスの性能や配線からのノイズ値によって変わってきます。多少試行錯誤が必要かもしれません。

WS000084.JPG


注意

入力される音源の周波数を合わせてあげないと録音されたファイルの音程や速度がオリジナルと変わってしまいます。

例えばスカパー!のスターデジオ、光出力の場合は48kHzです。

Ws000081








実際の録音についてはこちらも参照してください

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年3月 5日 (月)

Audio Encorder 使い方2

Audio Encorder 使い方 2

前段階については

LAMEをつかってMP3ファイルを作ってみよう

を参照してください。

さて実際にエンコードを行ってみましょう。起動してから「開く」


Ws000074









これでフォルダから音楽ファイルを選びます。

Ws000067











これで選択した曲を MP3 や Ogg 、wmaに変換します。
「エンコード開始」で指定した形式に変換が始まります。

Ws000072












Photo










保存先は「設定」から決めておくことも出来ますが
左側の「ファイル」のタグからその都度選ぶことも出来ます。
その場合はあらかじめフォルダを作成しておく必要があります。

Ws000070

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年3月 2日 (金)

MP3Gain使い方

MP3Gain使い方

起動するとWs000057 こうなります。












前回も書きましたが、最近のJ-POPの音の大きさ同じくらいにするには
目標値を 95 から 98 位にしておきましょう。

一曲だけ調整する場合は
「ファイルの追加」

Ws000058









好きな曲を選んで「開く」

アルバム一枚などフォルダ丸ごと調整する場合は

「フォルダの追加」

Ws000059













これでフォルダ内の曲すべて選択できます。

「トラック分析」
で各曲のピークレベルを調べてくれます。
調べてすべて 目標値 に直すには
「トラックゲイン」
を選択します。

Ws000061









これでピーク値がそろいます。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

EACのCDDBについて

EACのCDDBについて

EACを使っていてCDDBより曲名ファイルを入れようとするとたまに困ることはありませんか。
EACデフォルトのCDDBが日本語にちゃんと対応できていない場合があるので曲名が文字化けしたり「?????」になったりしてしまう場合があります。

Ws000053











そのような場合はCDDBサーバーを日本語サーバーに変更してあげるとうまくいく場合があります。

http://freedbtest.dyndns.org:80/~cddb/cddb.cgi
が日本語サーバーです。

EACから
「EAC」
「freedb/データベースオプション」

Ws000055











Freedbサーバーに
http://freedbtest.dyndns.org:80/~cddb/cddb.cgi
を入れて
OK

Ws000054










これで日本語の曲名リストをとることが出来ます。

Ws000056











なおメールアドレス欄にメールアドレスのようなものを入れておかないと
CDDBは利用できません。




| | コメント (1) | トラックバック (0)

« 2007年2月 | トップページ | 2007年4月 »