« 2007年11月 | トップページ | 2008年1月 »

2007年12月

2007年12月11日 (火)

DELL OptiPlex GX270 マザーボード交換、CPU交換 おまけ

DELL OptiPlex GX270 
マザーボード交換、CPU交換  おまけ

この機種のマザーボードを外すにはちょっと癖があります。
普通の自作機ならばビスで数ヶ所(5から7)止まっているのですが、この機種ではビスは一カ所。爪で4カ所止まっています。
Tume_2











ビスを外してから爪を外すのですが、爪が くの字 になっているので斜め後方上方へ引き抜くような感じで取り外しします。

CPUの取り外し

まずCPUクーラーを外します(長ビス2本)
その後ヒートシンク側面についている緑色のストッパーを外します。斜め横に引き抜くような感じで取っ手を引っ張ります。
Stop











そうしたら今度はヒートシンクを押さえている爪(上下2カ所)を外します。
(さっきのストッパーはこの爪のストッパー)
外に開くように外してあげればヒートシンクが外れます。
Cputume












後はヒートシンクを引っ張ればいいのですが、CPUとの間のグリスが粘着性の高いものを利用しているようです。そのため無理に引っ張るとCPUが破損するおそれがあります。
無理そうならば一度電源を投入して暖めてあげると比較的簡単に外れます。

Dscn1881










Dscn1882










DELLさんちょっと塗りすぎ?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年12月 6日 (木)

DELL OptiPlex GX270 コンデンサ液漏れ マザーボード交換

DELL OptiPlex GX270 
コンデンサ液漏れ
マザーボード交換

前回、見たようにコンデンサがたくさん逝ってしまっていたのでマザーボードごと交換することにしました。
オークションにて
「OptiPlex GX270」
を探して購入しましたが・・・・。

この機種、当時色々カスタマイズできたらしく、マザーボードの大きさが何種類か有ったようです。で、今回購入したマザーボードはなんと数㎝小さかったのです。

Hikaku












ビス穴位置が合わないのでプラ板で微調整
下に数ミリのプラ板を敷き、タッピングビスで固定します。
Anaichi












尚、このマザーボードはビスが1本と固定用引っかけ金具4カ所で固定されています
よって、ビスが止まらないとしっかり固定されません。

CPUやメモリを移動して配線接続し直しで 起動

Dscn1892











無事動作OKとなりました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2007年11月 | トップページ | 2008年1月 »