« Windows小技集7 ituneとNEROを使ったMP3ディスクの作り方 | トップページ | DRM解除 iTunes store で購入したDRM付きm4pをMP3に変換する myFairTunes »

2008年1月24日 (木)

Windows小技集8 iTunes DRM付きm4pをMP3にする、合法的にバックアップ(コピー)する

Windows小技集8 
iTunes DRM付きm4pをMP3にする 
合法的にバックアップ、(コピー)する

iTunes storeで楽曲を購入するのは一般的になってきましたね。
PC5台までコピーして再生、或いは、iPodに取り込んで再生する以外は直接使えません。
私の場合で言えばカーステレオで再生しようと思ってもMP3かWMAかCD-DAにしないと再生できません。

というわけでMP3にしようと思います。
やり方は2通り。両方とも至って簡単。

<曲数が少ないとき>
 SREC を利用してMP3にする。

まず
コントロールパネル
サウンドとオーディオデバイス
音量のタグ
デバイスの音量  詳細設定
Ws000006















再生コントロール
オプション
プロパティ
「録音」
Ws000007















Waveにチェックが入っているのを確認。

注)オーディオデバイスによっては存在しない場合があります。この時は後記のもう一つの方式を使いましょう

キャプチャ画面でWaveを選択
Ws000008








SRECを起動
iTunesを起動

SRECを録音状態にしてm4pを再生。無音検出の設定をしておけば曲が始まれば録音が開始され、終了すれば停止します。

出来上がったWaveファイルをCDexAudioEncorderでエンコードすればMP3ファイルのできあがりです。

録音作業時にはノイズ対策に他の作業をしないようにしましょう。

<ある程度の曲数がある場合>

iTunesでCD-DAを作る。

要するに音楽CDを作ってもう一度それをリッピングしてしまえばOK
適当なプレイリストを作りその中に購入した曲を入れて音楽CDを作成。

編集
設定
詳細 のタグ
ディスク作成 のタグ
Ws000011












「オーディオCD」にチェックを入れ、必ず「CD-Textを含める」にチェックを入れること。
これを入れておくとMP3にリッピングしたときタグ情報が一部はいります。

タグ情報を入力するのにはSuperTagEditorあたりを利用すると良いでしょう。

2つの方法ともに音質は劣化しますが、聞くのが耐えられないほどではありません。

|

« Windows小技集7 ituneとNEROを使ったMP3ディスクの作り方 | トップページ | DRM解除 iTunes store で購入したDRM付きm4pをMP3に変換する myFairTunes »

コメント

CD書き込みの方法はいいです。でも、CDの種類にも注意すべきです。CD-Rは一度だけ使えますが、CD-RWは何度も使えます。それで、CD-RWのほうがいいです。

二つの方法のほかに、わたしはソフトのほうが好きです。便利ですから。

いろいろ試して、最後にはtunecloneというソフトを決めました。http://jp.tuneclone.com からダウンロードできます。

このソフトは様々な音楽形式をmp3,wma,wavに変換できます。僅かのステップで設定をしてから、自動的に変換できます。

投稿: xinjimeiren | 2011年4月15日 (金) 14時07分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/203411/17822454

この記事へのトラックバック一覧です: Windows小技集8 iTunes DRM付きm4pをMP3にする、合法的にバックアップ(コピー)する:

« Windows小技集7 ituneとNEROを使ったMP3ディスクの作り方 | トップページ | DRM解除 iTunes store で購入したDRM付きm4pをMP3に変換する myFairTunes »